のぶおん日記
信長の野望オンライン 群雄伝サーバにいました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内部告発
私は見てしまいました。




ある家庭における、衝撃の真実を、、



その日、
ある知人宅にお邪魔して
自分、知人で母親、子供の3人でご飯をいただいていました。
突然、知人が冷蔵庫から、梅干しを取り出しました。


それを見ていた子供が、
「それなに??」
「梅干し~」
「ええーーー、、いやだぁ」
と会話する親子。


そう、子供は梅干しが苦手だったのです。


それを知っていた母親は、
梅干しを丸ごと取り出し、
子供の唇に、ちょこんと梅干しをくっつけ、
すばやく離す、、、


子供が唇をなめて
「すっぱ!><」


当然な結果ながら、見ていてほほえましかったです。




が、、次の瞬間、、
母親が、ご飯が入ってる茶碗の中で、
梅干しを分解し、
ご飯の中に、梅干しの切れ端をそっといれ、、
お箸でご飯をもち、
子供の口元にもっていくではありませんか!!!

「はい、ご飯もたべて」

そう母親が言うと、
子供は普通にご飯をパクリと食べます。








子供の反応が変わりません。
普通にご飯をパクパクたべて、
おみそ汁を飲みました。



母親は、懲りずに再度同じことを行い、
子供は何も知らずに、梅干しが少し入っているご飯をムシャムシャ。
そして、おみそ汁を飲みました。。

反応が、、ありません。


しかし、、このとき、おみそ汁が全て飲みつくされてしまいました。




母親はここぞとばかりに、
先ほどよりも少し大目の梅干しの切れ端をご飯に混ぜ、
子供の口元にまたもっていきます、、、


何も疑わずに食べる子供、、、




そして、、、


「すっぱ!!!!><」


梅干しが苦手な子供は、
母親の策略にはまり、梅干しを食べてしまいました。

が、、、
子供は、最後の一口だけ梅干しが入ってたと思うことでしょう。


しかし、私は知っています。

その前の二口分も、
梅干しが入っていたことを、、、、



記憶が消される前に、ブログに書いておきます。


もし、町で私を見かけても、
梅干しの話題は出さないでください。

私自身の記憶が消されている場合、
梅干しの話題についていけない可能性があります。

皆さんも、、
子供の頃に、同じようなことがあったかもしれませんが、
両親の策略にハマって、
いまだに気づいてないことがいくつかあるかもしれません。。。
コメント
この記事へのコメント
(○`~´○)モグモグ
あはは^^
面白いなw

梅干かぁ^^;
そこまで食べさせないといけない食べ物なのかぁ…
栄養学上、とってもいいものなんでしょうね^^;
しかし…お母さん、勉強になりましたw
2007/02/23 (金) 11:52:34 | URL | 蛍唯美 #-[ 編集]
好き嫌いか。。
おいらの家は、小さい頃は貧乏でw
(共働きで)
食べ物がないときがおおかったんですよね。。おかげでなんでも食べれます!!
  
ご飯に塩・醤油・マヨネーズ・ケチャップ・
味ポン・ソース
といろいろ試したおぼえがw
  
家にご飯と梅干だけおいてほっておけば
お腹がへったら勝手に食べると
おもうよーー   (マテ
2007/02/23 (金) 14:22:38 | URL | みどり #-[ 編集]
>ほたるん
お母さんになるとたくましくなると思います。
好き嫌いすることよりも、食べ物を残すことに抵抗を感じたりとかね~
ママになるときは、ちゃんと教えてね^^


>み
好き嫌いないのは、何でも食べれるからいいと思うお^^
私は好き嫌い多いので、
人にアレコレ言える立場じゃないけどね

まぁ、大飢饉がきたら、、
生き延びれるかどうかは、
覚悟の問題と思うけど、
なんでも食べれる子が一番いいと思うよ
2007/02/27 (火) 00:20:50 | URL | 天仙娘々 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 のぶおん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。